fbpx

TauT 阪急洛西口

オープニングリーフレットの閲覧はこちら
19.1.4

洛西高架下大学、開催します。

トートで学び、洛西口で活かす。

人が行き交う駅の高架下をキャンパスに見立て、誰もが自由に参加できるセミナーを開催します。ライフスタイルや働き方が多様化する現在、家庭や学校、職場以外でも新たな出会いや学びを得られる機会は何かを始めるキッカケになるかもしれません。今後の進路やキャリアに悩んでいる方、地域にもっと関わりたい方にオススメです。


 

第1回 洛西高架下大学 2019年2月6日(水)

 

テーマ:農業 『農産品の販売から見えるまちづくり』

 

農業が盛んな洛西エリアは、大原野野菜ブランド化の取組みをはじめ、消費地に近い産地として注目されています。農産品の販売方法や加工食品の商品づくりから見えてくるまちづくりを学びます。

 

■講師:株式会社GA 代表取締役 福原悟史氏

■講師プロフィール:兵庫県穴栗市出身。大学時代から独学で有機野菜の移動販売を始め、卒業後に販売店舗「ORGANIC VEGITABLE CA」を開店。地域活性イベントや食育に関する講演も行い、「野菜王子」として多数のメディアに取り上げられる。2016年には新たに地方の美味しいものを集めたマーケット「GOOD LOCAL MARKET CA」も開店。

■時間:19:00-21:30(受付開始:18:30)※20:30からは交流会を予定しています。

■参加費:2,000円 ※大学生以下は1,000円

■定員:30名

■会場:カフェ&ダイニング巣箱TauT阪急洛西口店

“健康”と“地産地消”をテーマに気分やシーンに合わせて楽しめる、みんなのカフェダイニング。

 

 

■申込み方法

https://ers.hankyu-hanshin.co.jp/campaign/_diy9.html

 

 

■お問合せ先

rakusaikoukashitadaigaku@gmail.com


 

第2回 洛西高架下大学 2019年2月18日(月)

 

テーマ:まちづくり『「住みたいまち」魅力の発見と伝えるコツ』

 

都会に近く自然にも近いまち、洛西エリア。その住環境から子育て世代を中心にその魅力が見直されています。このまちの魅力を改めて見直し、それらをどのように発信していくかを考えます。

 

■講師:京都移住計画 代表 田村篤史

■講師プロフィール:1984年京都生まれ。立命館大学在学中、APUへ交換留学、NPO出資のカフェ経営に携わる。その後休学しベンチャーにて企画経験を積み、卒業後は海外放浪の末、東京の人材系企業に就職。会社員の傍らシェアハウス運営を行う。2012年にUターンし、京都移住計画をはじめ起業・キャリア支援、町屋や商店街の活性化などの仕事も行う。

■時間:19:00-21:30(受付開始:18:30)※20:30からは交流会を予定しています。

■参加費:2,000円 ※大学生以下は1,000円

■定員:30名

■会場:カフェ&ダイニング巣箱TauT阪急洛西口店

“健康”と“地産地消”をテーマに気分やシーンに合わせて楽しめる、みんなのカフェダイニング。

 

 

■申込み方法

https://ers.hankyu-hanshin.co.jp/campaign/_1.html

 

■お問合せ先

rakusaikoukashitadaigaku@gmail.com

閉じる