fbpx

TauT 阪急洛西口

オープニングリーフレットの閲覧はこちら ブログ一覧はこちら

オープニングリーフレットの閲覧はこちら ブログ一覧はこちら
22.2.22

第15回洛西高架下大学を3月14日(月)オンラインにて開催します。(参加費無料)

「テーマ」

~パブリックスペースの活用事例から学ぶ、駅や街の楽しみ方~

まちでの暮らしを楽しむためのヒントとして、いま道路や公園、駅、広場、空き地といった街中にある「パブリックスペース(公共空間)」に注目が集まっています。

各地のユニークなパブリックスペースの活用事情を知ることで「ここって何かに使えるかも?」と私たちが考え始めれば、思いがけないようなまちの可能性に気づくことがあるかもしれません。

今回は、洛西口エリアにある駅や広場、路上を楽しむための視点を屋外パブリックスペースの様々な事例のリサーチと発信を行われている

コミュニティメディアプラットフォーム「ソトノバ」より共同代表理事の田村さんにお越しいただきお話を伺います。

私たちが暮らすまちをより面白く楽しい場にするための視点をあなたも一緒に学んでみませんか?

▶洛西高架下大学とは?

2019年2月に開校したトート阪急洛西口のプロジェクト。地域交流の促進を目的に、人が行き交う駅の高架下をキャンパスに見立て、誰もが自由に参加できるセミナー&交流型イベントを開催しています。

▶︎ こんな方におすすめ

・地域でのイベントを開催したい!

・取り組みを面白く発展させていきたい!

・地域の魅力を探すのが好き!

・洛西口エリアの新しい魅力を発見したい!

・地域コミュニティや地域活性化に関心がある! など

▶︎ ゲスト紹介

田村 康一郎 氏

一般社団法人ソトノバ共同代表理事/Placemaking Japan

「小さくても目に見える取り組みから、人間味のあるパブリックスペースづくりで世界をよくしたい」という想いから、プレイスメイキングというアプローチの実践と普及に取り組む。ニューヨークに留学して先進的なパブリックスペース改革について吸収し、その経験を日本で活かすべく、ソトノバやPlacemaking Japanで活動を行っている。また、奈良県生駒市を拠点に市民として駅前や公園を使った活動に取り組む一方、東京でコンサルタントとしても活動し、都市再開発などに伴う広場・公園の活用やマネジメントについてプランニングを行っている。共編著に「タクティカルアーバニズム:小さなアクションから都市を大きく変える」。

ソトノバ

屋外パブリックスペースの居場所づくりのコミュニティメディア。2015年立ち上げ後、国内外のトピックを発信、パブリックスペース・ムーブメントを牽引する。一般社団法人ソトノバでは、社会実験、アクティビティ調査、タクティカル・アーバニズム、プレイスメイキング等のプロジェクトを実践し、近年ではウォーカブルな都市についての知見の蓄積と発信も行っている。また2021年よりPlacemaking Japanネットワークを立ち上げ、中心となって運営している。

https://sotonoba.place/

▶︎ 日時:2022年3月14日(月)19:30~21:30(19:20 OPEN)

▶︎ 場所:オンライン会議ツールZoom

※下記リンクより事前に参加申込みを行ってください。申し込みが完了した時点で参加のためのURLをお送りいたします。

※周りが静かな場所での参加がおすすめです。

▶︎ 定員:30名(先着順)

▶参加費:無料

▶︎ 参加申込み:下記リンクよりお申込みください。

https://ers.hankyu-hanshin.co.jp/campaign/15.html


ブログ一覧はこちら
閉じる